設備概要 Shipyard

墨田川造船の特徴は、設計から製造までワンストップで行えること。
分業制が一般的な造船業界の中では珍しく、お客さまへの対応力や
スピード感を追求した船造りの環境を整えています。

工場紹介

第一工場
・引き上げ船台(第1号~3号船台)
・48m×7.6m
・最大建造可能トン数 499G / T
第二工場
・船台(第5号~6号船台)
・48m×12.2m
・最大建造可能トン数 490G / T

設備紹介

すみだ100(第7号船台)
すみだ100(第7号船台)
「凹の字型」になっていて造船後に注水して沈めていき、そのあとに中の水を抜いて船を浮かべるための装置。100周年を機に増設されたもので、墨田川造船の象徴的なドック。
NCプラズマ切断機
NCプラズマ切断機
鉄やアルミニウム、ステンレスなどの板材を切断し、船の骨格や外郭にあたる「船殻(せんこく)」を製作するための機器。プログラミングを用いて自動で切断できるため正確かつ安全。
ジブクレーン
ジブクレーン
岸壁に設置され、船舶の係留や積み下ろしをするための装置。各工場それぞれに設置されていて、第一工場側にあるものはそれまで50年にわたって使用されていたものをリニューアル。