沿革 History

大正 2年(1913年) 高橋新八男爵が向島に墨田川造船所を設立。初代社長となる。
我が国発の洋式船工場として発足。
大正 3年(1914年) 高橋社長が考案した「高橋式つかさ丸型」船型の特許取得
大正12年(1923年) 古野谷喜三郎が社長就任。
昭和 4年(1929年) 「Miss SUMIDA」を製作。速力50哩/時を達成し大きな話題となる。
昭和 8年(1933年) 日本モーターボート協会のレースが開催され、弊社の「スミダクラフト」が高い評価を得る。
昭和12年(1937年) 海軍省指定工場となり、内火艇、ランチ、カッター等の大量生産を行う。
昭和16年(1941年) 品川区鮫洲に新工場を新設。
昭和20年(1945年) 鈴木忍が社長就任。
昭和24年(1949年) 前年発足した海上保安庁より巡視艇2隻を受注。
昭和27年(1952年) 杉浦茂が社長就任。
昭和28年(1953年) 石渡常次郎が社長就任。
日本初のFRP製ボートとして「B級ランナバウト」を製作。
工業技術研究会受賞。
昭和30年(1955年) タイ国政府より、30呎型消防艇66隻を大量受注。
昭和31年(1956年) FRP船体外部のカバーリング等で特許取得。
昭和33年(1958年) 防衛庁向けの高速救命艇を建造。実用艇として世界最高水準の45ノットを記録。
昭和35年(1960年) 茨城県より受注した漁業指導調査船は初の軽構造V型船型を採用し、漁船としての高速化に先鞭となった。また、日本初のウォータージェット艇を受注。
昭和36年(1961年) 特定船舶整備公団・志摩観光汽船より初の軽構造V型観光船を受注。
横浜倉庫株式会社の傘下に入る。鈴江繁一が社長就任。
昭和37年(1962年) 小紫芳夫が社長就任。
昭和40年(1965年) 大阪市消防局より世界初の軽構造製の双胴消防艇を受注。
モーターボートショーに42呎のモーターランチを建造、出展。
昭和44年(1969年) 高速道路の建設によって56年間操業した墨田区向島より本社、工場を現在の江東区造船団地に移転。高速艇の量産化体制を整える。
昭和47年(1972年) 田野中稔が社長就任。
昭和48年(1973年) タイ、フィリピン等の救命艇を受注
昭和53年(1978年) 伊豆箱根鉄道より160総トン高速旅客船、東京都観光汽船より130総トン鋼製旅客船をそれぞれ受注。
昭和54年(1979年) タイ国税関より34メートル型全軽合金製モーターランチを受注
昭和57年(1982年) インド政府より44メーター高速捜索救命艇を7隻受注。うち4隻を当社で建造し、3隻をPD方式によってインド国内にて技術指導により完成。
平成元年(1989年) 熊本県より高張力鋼製漁業取締船「あそ」を受注。
本船は国内最大級の取締船である。※建造当時
平成 2年(1990年) 東京消防庁の119トン大型消防艇「みやこどり」を建造、デザインの優美さに注目を浴びる。
平成 7年(1995年) 速力40ノット以上の軽合金製警備艇「たけより」を建造。
平成 4年(1992年) 田野中稔が会長就任。
石渡博が社長就任。
平成10年(1998年) 37.6メートル型近海遊漁船「キャプテン1号」を建造。メディアに大きく取り上げられる。
平成11年(1999年) 速力45ノット以上の軽合金製警備艇「そうや」を建造。
平成12年(2000年) 沖縄サミット時に整備チームを派遣。功績により海上保安庁より表彰。
平成13年(2001年) 大物艤装品の移動等に対応するため、15トン型固定式ジブクレーンを増設。
平成14年(2002年) 隣接倉庫を買収し、資材保管機能を強化。
平成15年(2003年) 製造の効率化を図るためプラズマ自動切断機を導入し、3次元船体構造設計ソフトにより切断機と連動させ、船体設計製作を効率化。
平成16年(2004年) 第一工場の造船台上屋を拡大改築し、全天候型の屋内工場とした。アルミニウム合金製船舶建造に対応する工場とするとともに、50m以上の大型船の建造を可能とした。
平成17年(2005年) マレーシア国政府向け練習船を受注。
平成18年(2006年) 海上保安庁よりπ材全アルミニウム合金製30メートル型巡視艇2隻を受注。
平成19年(2007年) インドネシア共和国から海賊・海上テロ対策のため巡視艇建造の為のプロジェクトを政府開発援助無償案件として受注。
平成23年(2011年) 浮きドックを整備し、建造体制をさらに強化。
平成25年(2013年) 石渡博が会長就任。
山口嘉弘が社長就任。
平成26年(2014年) ジブチ共和国から沿岸警備隊向けに20メートル型巡視艇2隻を受注。
平成27年(2015年) 石渡秀雄が社長就任。